カーナビ・地デジのことならカーナビのプロ ナビ男くんにおまかせ!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
 
    カロッツェリア 楽ナビ-Lite- AVIC-MRZ90 ロードインプレッション(番外編)
 
 

祝第二京阪。近畿圏に在住でなければ感心薄かもしれないが、これで随分暮らしやすくなると思う。(写真拡大


新しく楽ナビ-Lite-のラインナップに加わったMRZ-85。自慢のVGA液晶に表示されているのは「第二京阪」。
「うちのナビは大丈夫ですよ」とは、担当N氏の弁。(写真拡大

今はニューモデルラッシュのまっただ中、

その華やかな催しの陰で、必ず耳にする「あの道」と称す“隠語”に気付いたのでそのハナシをしよう。

その隠語が指すのは「第二京阪」。

このあいだ全線開通した、新しい高速道路のことだ。

今まで名神高速が一手に引き受けてきた大阪・京都間の往来を これからは第二京阪道路が共に担っていくこととなった。

この区間の名神高速は明らかにキャパオーバーで、出掛けるなら渋滞は必至。覚悟しておかねばならなかったものだが、これが随分緩和されるであろうと期待されている。


この第二京阪道路の開通日は3月20日(土)。

つい先日のことだ。


故に、各社2010年モデルには果たして「第二京阪」が収録されているのかどうか?気になるけれど大っぴらには聞けないため、隠語になったというわけ。

 
  カーナビの“ボトルネック”は最新情報への更新。
 
 

Gooleマップにも載っていないとは…。期待薄かもね。(写真拡大
せっかくできた新しい道だが、今のやり方だと新しい情報がカーナビの地図に反映されるには時間が掛かるのだ。

※ちなみに、とある発表会では「あの道」は禁句であった…。

開通から2ヶ月を経た現在、Google マップにさえこの情報は反映されていない。

もし、購入した2010モデルに載っていたならば、それは奇跡かもしれない。

 
  楽ナビLiteなら、悩ましい更新問題から解放されるのだ。
 
 

名神高速が開通したのは1963年。その47年後に開通した第二京阪。ビックリするほど道幅が広い。21世紀に相応しい上等な自動車専用道路だ。
写真拡大
で、今回のネタたる[ 楽ナビ Lite ]は今から遡ること7ヶ月前、2009年秋に登場したモデル。

当然、2010年3月開通の「第二京阪」など痕跡もないはずなのだけれども、エッヘン!それが「ちゃんと開通してますよ」というのが、今回のお題目。

これぞ「ナビチャージ」の威力である。



GO!NEXT→

     
←カロッツェリア│楽ナビ│ナビ男くん編集部によるスペシャルコンテンツ(読み物多数)

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ