カーナビ・地デジのことならカーナビのプロ ナビ男くんにおまかせ!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
carrozzeria サイバーナビ 2012年モデル発表会レポート(その1)
   

  今年の新型楽ナビ発表会はCEATEC JAPAN!



えっ!?「ナビ男くん」がプレス?
いやはや。メディアとして扱っていただけるとは光栄の至り。 なんか緊張するな…。トイレいっとこ。


今年も行ってまいりましたアジア最大級のIT・エレクトロニクス展示会、CEATEC JAPAN! 昨年はカロッツェリアのHUDが参考出品されていたりして、ナビ男くんとしてはその後のカーナビのモデル展開を占う上で欠かせないイベントなのだ。

しかも、物見遊山的なノリだった昨年とは大違い! 今年の取材はパイオニアの新型楽ナビ発表会にご招待いただいたもの。

ナビ男くんのこれまでの情報発信が認められたのか、はたまた何かの気まぐれか、そのあたりはどちらでもよいとして、いち早く実機に触らせてもらえるとはありがたき幸せ。

というわけで、当日は開場と同時にパイオニアブースに直行し、最前列を確保。あれやこれやと情報収集をしてきたのでありました。


  楽ナビブランドを整理統合。コンセプトも再確認。



「楽ナビ」「楽ナビ-Lite-」「エアーナビ」が統合されて、「楽NAVI」へ。カロッツェリアは「サイバーナビ」と二枚看板となりました。
どちらもブランド力が高い。


まず2012年秋の大きなポイントは、カロッツェリアナビのラインナップが整理されたこと。

これまでは、まずハイエンドにサイバーナビがあり、楽ナビグループとして楽ナビと楽ナビLite、そしてポータブルのカテゴリーを担うエアーナビという、4つのブランドが存在していた。
このうち、楽ナビの2ブランドとエアーナビを統合し、楽ナビブランドに統一することにしたそうな。

このブランド整理、スッキリわかりやすくしたということもあるけれど、これにあわせて楽ナビのコンセプトをもう一度、再確認。そこで出てきたのが「楽感覚」という考え方だとか。

つまり、高性能をいかに楽しく使いやすく提供するかというのが「楽ナビ」なんじゃないかと。
じゃあドライブ時のわずらわしさを徹底して排除するにはどうすればいいんかいなということで、やっぱり操作が大事でしょ、と、このたびのニューモデル、AVIC-MRZ009/MRZ007の目玉機能はインターフェイスの改革、その名もエアージェスチャー!


今年の目玉はエアージェスチャー。ナビに触れずに操作する。



新機能「エアージェスチャ」。手をかざしたり、振ったりしたら、いったいどうなるの?


エアーといえば、エアギターにエア焼肉、エアあやや(古いか?)等、現物をもたずそれ風になんかやっちゃうことの総称といえるが、このエアージェスチャーも、ナビに触れずにナビ操作ができるという、画期的な新機能なのである。
そもそもジェスチャー自体がエアーじゃないのかとか、そういうネーミングに対する細かいツッコミはさておき、実際に見てみると確かにスゴイ。

手を近づければランチャーでメニューが立ち上がり、手を横に動かせば、地図表示のスケールが変わる。ちなみに、手を振る動作に割り当てられる操作は11種類あり、自分の好みで選択できる。


GO!NEXT→

     
←カロッツェリア│楽ナビ│ナビ男くん編集部によるスペシャルコンテンツ(読み物多数)

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ