カーナビ比較情報ならカーナビのプロナビ男くん!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
クラリオン DrivTrax P5 インプレッション 全2ページ

国内ナビメーカーがPNDに本腰を入れ始めた。


ハデな主張はなくシンプルなデザインのDrivTrax。車内で違和感がなく、好感がもてる。外装の品質も上々。このあたりは日本メーカーらしいところ。


アタッチメントからはワンタッチで取り外し可能。Webサイトでは歩行ナビとしての使い方も紹介されていた。登山などアウトドアで、ハンディナビとしても使えるとのこと。


インターフェイス自体は、通常のナビとほとんど同じでわかりやすいのだが、深いところに入っていくと、データのボリュームが同等ではないということに気づかされる。
日本では一直線に高性能・多機能化が進められてきたカーナビだが、欧米で主流だったのは交差点で矢印だけが表示されるような超簡易ナビ。

PND はそのような土壌のなかから生まれ、主に海外マーケットを中心に勢力を伸ばしてきた。

そしてエレクトロニクスの進化とともに、元来、簡易ナビであった PND の性能が、本格ナビに近づいてきたのだ。

こうした状況のなか、アメリカやアジア系メーカーの商品が、高性能・多機能ナビの牙城であった日本において販売されはじめたのである。

以来、少しずつ PND という商品が認知されてきており、いよいよ国内ナビメーカーもこのマーケットを見過ごせなくなってきているようだ。
ま、「外国勢に荒らされてたまるか」というところだろう。


このクラリオン DrivTrax P5 は、そのような「国内ナビメーカー産 PND 」として先行組にして典型的なモデルといえる。


PNDの基本をしっかり押さえた上で、
ナビメーカーのノウハウを注入。

4.3インチ液晶という手頃なサイズ、取り外しての利用やバイクでの使用も視野に入れた汎用性、 パソコンとの連携など、PND の基本仕様を押さえたつくりになっている。

その上で、ルート選択や検索データ、測位にカーナビメーカーならではのノウハウが盛り込まれているのがウリということだ。

それはわかるのだが、ワタクシ、DrivTrax を渡されて、のっけの操作からつまづいてしまった。

名称で検索すると、名前を入力した後に所在地を入れてしぼり込んであげないといけない。
電話番号検索では、個人営業店のようなところはほとんど引っかからない。

住所検索は番地までのデータしかなく、そこから先は入力できないからピンポイントで目的地までたどりつけない。


やはり普通のナビのようにはいかない? データ量に大きな差。


スタイラスペンはボディに収納される。ペンはそこそこ重量も剛性感もあって好印象。

ウーム。
やはり普通のナビと同じ感覚で使うのは難しいのか。
なまじインターフェイスが「普通のナビっぽい」ので、こちらもその水準を期待してしまったのだが、データ量にはかなりの差がある模様。
やはり割り切った使い方を考えないといけなさそうだ。

また画面が小さいため、タッチ用のスタイラスペンが付属しているのだが(がんばれば指でのタッチもできなくはないが、非現実的)、車内でこれを使うのはめんどうだし、落としたりするとやっかいだ。

目的地の設定は、事前におこなっておくのが正しい使い方なのだろう。
このあたりも PND らしさといえば、らしさか。
割り切り割り切り。


GO!NEXT→


PND 特集 TOPに戻る


こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ