カーナビ比較情報ならカーナビのプロナビ男くん!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
サンヨーGORILLA(ゴリラ)NV-SD580DT インプレッション 全2ページ

「欲しい機能」を標準装備。メモリータイプのサンヨー ゴリラ軍団。


先にレポートをお届けしたクラリオンやユピテルと比べると威風堂々のサンヨーGORILLA(ゴリラ)。
液晶は5.8型とひとまわり以上大きい。


メモリータイプのゴリラ軍団5機種の内4機種はワンセグチューナー内蔵。地デジこそ現在のトレンド。ぬかりなくアドバンテージを得た。
特集1特集2でも触れてきた通り、ミニマムであることが PND の価値であり存在意義。至らぬ点は「人間がリカバーせよ」というのが使いこなしの妙である。

今風のストイックな生き方を志すなら、贅沢の極みのようなAV一体型ナビよりも、無駄を省き原点に立ち返ったかのような PND にこそシンパシーを感じると答える方も多かろう。

時代の空気を汲み取った商品性こそ PND の最たる魅力かと思う。


「ストイックでリベラル」日本語で例えたら「粋」な PND。
しかしその反面、理想に程遠く「やせ我慢」を強いられることがあるのも事実。

求道者ならともかく、あまりに質素でちょっと物足りないというのが今回(特集3)までの店長の見解だ。

「もう少し液晶が大きかったら…」「せめて渋滞情報がモニターできたら…」「せめてテレビが観れたら…」人間の欲望は果てしなく、MORE が尽きることはないのだ。

「望むこと全てをハイクオリティーで」ということになると些かハナシが変わってくるので、他に上手い落としどころがないものかと見つけてきたのが、このサンヨー GORILLA(ゴリラ)NV-SD580DT なのであった。

何せ液晶はひとまわり大きな5.8型で、渋滞でも安心な FM-VICS 標準装備。ワンセグチューナー内蔵でどこでもテレビがたのしめるというのだから、無理してストイックな生き方を選ぶより楽で良いではないか。


もはや完成の域?新興勢力を寄せ付けいない圧倒的ポテンシャル。


ターニングポイントでは拡大図を表示。これなら多少測位がおぼつかなくても何とかなる。
PND などの簡易ナビよりも、もっと本格的なナビと比べても遜色なし。



複数の候補ルート表示や距離、所要時間の表示、周辺迂回など、計算機はホンモノが積んである。
比べるまでもなくメモリータイプのカーナビではトップクラスだ。

「しかしこれはもう立派すぎて PND とは呼べないな…値段もぜんぜん違うし…」

サンヨー GORILLA(ゴリラ)NV-SD580DT は“メモリーナビ”ということで PND 特集に加えたのだが、どっこい中身はおなじみの“ポータブルナビ”だった。

※5万円台のMini GORILLA NV-M200 あたりと比べるのが適当だったかも?

すべてが私の固定観念内に収まる常識的なカーナビ。
先にテストした PND などと比べたら、もはや完成の域に達していると書いて過言ではない。

例えば、(普通のナビでは当然のことだが…)要所ではきっちり交差点拡大図を出してくる。
これにより「どの交差点をどちらに曲がるか」容易に思い描くことができ、たとえ測位がずれたとしても、頭に手がかりが残る。

小さな液晶に蜘蛛の巣のような地図を凝視し、測位を疑いながらターニングポイントを迎える「 PND 方式 」はGORILLA(ゴリラ)などが採る「 図式 」と比べ、随分お粗末と言わざるを得ない。

小さな液晶だからこそ、一層見やすさに工夫が必要なはずなのに…。



GO!NEXT→

PND 特集 TOPに戻る



こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ