カーナビ比較情報ならカーナビのプロナビ男くん!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
クラリオン Smoo NAVI NX208 インプレッション 全2ページ

フラッシュメモリーナビに先鞭をつけたスムーナビシリーズ。


「スムーズに動くからスムーナビ」というわけで、立ち上がりもけっこう速い。これもSDDの恩恵のひとつ?

各社から相次いで低価格のAV一体型ナビが投入される中、データ格納メディアにフラッシュメモリーを使ったエントリーモデルといえば、忘れちゃいけないのがクラリオン・スムーナビのシリーズ。

実はこのところ実勢価格がかなりこなれてきており、最近登場の「AVN Lite」や「楽ナビLite」などとの売価に接近しつつあるのだ。

しかも、あちらが“Lite”、すなわちフルスペックカーナビからの機能省略もアリとされているのに対し、こちらのナビエンジンはハイエンドモデルのNX808や708と共通。

そしてクラリオンNX808といえば、2008年N-1グランプリ優勝モデル。これとまったく同じ頭脳が手にはいるのだから、NX208の道案内が悪かろうはずがない。

案内データも複雑交差点イラストや10メートルスケール地図、ETCレーン表示など、ほぼフルスペックで搭載されている。


ナビ機能はほぼフルスペック。エンジンはハイエンド同等。


目的地設定は「電話」「住所」「名称」のよく使う3項目がメイン。シンプルな構成で誰でも直感的に使えるようになっている。
というわけで、あらためてクラリオンスムーナビに光を当て、諸々のブランニュー・エントリーモデルと比較してみようというのが今回のテーマ。
さっそく実走行テストへと繰り出した。

SDDだからというわけではないだろうが、まずは起動から速いスムーナビ。 目的地の検索なども実にスムーズだ。

クラリオンによると、ハードウェアそのものはハイエンドモデルのクラスヴィアの方が上だが、SDDのスムーナビではデータへのアクセス速度がHDDを上回るため、トータルでは互角ということらしいらしい。
また、タッチパネルの感度も良好で反応も良い。

細かいことのようだが、このあたり、使い勝手に直結するポイントでもあるので、最初からかなりの好印象である。


使う人を選ばない液晶デザイン。AV系も重視。


高架道路下などGPSだけではズレやすい場所での測位もバッチリ。PNDなどとはモノが違うのだよモノが! 初めて走る道での安心感は抜群。

走り出してみると、さすがにN-1王者直系だけあり、ルート案内でまったく破綻する様子もない。

もともとクラリオンナビは、走行中に頻繁に迂回を発生させるタイプではなく、最初から合理的なルートを引きつつ、要所要所でルート変更をおこなうスタイル。
誰にとっても安心して走れるのではないだろうか。

また、こういうスタイルの方が目的地に到着するのは早いことが多いということもすでに実証済み。

もちろんハイブリッドナビなので、PNDやポータブルのように測位がずれるようなことも、当然ながらない。


GO!NEXT→


打倒 PND 特集 TOPに戻る



こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ