カーナビ・地デジのことならカーナビのプロ ナビ男くんにおまかせ!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
   
 
   アルパイン[モビステ]X075 ロードインプレッション(全4ページ)
 
 

ビデオカメラを積み込んで撮影した HCE-C200F の実力は You Tube にてご覧いただきたい。


TOPVIEW フロントカメラ HCE-C200F の勇姿。ボクスターはララジエターグリルがセンターに存在しないため、ケーブルを上手く処理できないのが難点だ。(画像拡大


ドライバーの視点からはバスの影になる歩行者の動きが把握できない。


フロントカメラなら、もう一歩先から歩行者の動きを捉えることができた。


カメラ直下も切り替えて映すことができる。車高の低いクルマは段差の確認に重宝しそうだ。


TOPVIEW フロントカメラ HCE-C200F には同じ TOPVIEW リアカメラ HCE-C200R しか併用できないとアナウンスをいただいていたが、他のカメラ[ちょびカメ]も併用できた。車幅表示もOK。

ナビ男くんも You Tube デビュー
 
 

まず、ご覧いただきたいのはこちらの動画から。

[モビステ]X075 のオプションに加わった TOPVIEW フロントカメラ(HCE-C200F)の衝撃映像だ。

わたくし「なんで前にカメラが必要なのか?」実のところよくわからなかったのだが、百聞は一見に如かずとはまさにこのこと。

眼で見たものとカメラが捉えた映像とはこれほどまでに違うものだったとは不覚にも気付かなかった…。

 
  新しいナビの可能性も見えてきた
 
 
そのフロントカメラ HCE-C200F が映し出す映像は、

・185度の広範囲を一度に見渡せる「パノラマビュー」

・左右の映像を2分割で表示する「コーナービュー」

・真下の死角を映し出す「トップビュー」

上記三種を切り替えて[モビステ]X075 のVGA液晶に映し出すことが可能となっている。

それぞれどんなシーンで歩行者や自分のクルマを守るために重宝するかはおのずとご理解いただけるかと思う。

将来的にさらに高性能化を遂げれば、ナイトビジョンやドライブレコーダーとしての役割も担うことができるようになるだろう。

そうそう。矢印を加えるなどして、交差点案内として使っても実用性が高そうではないか!!

カーナビに電子の目を付け加えることで、さらなる高機能化が加速しそうな予感がするぞ。いけいけ!アルパイン!!!
 
  遊びに振ってもフロントカメラはたのしめる
 
 
もうひとつお気付きだと思うが、このフロントカメラのエンターテーメント性。

レンズを通して見た情景は実際とは少し趣が異なり、ときにはドラマチックに、ときにはファンタージーに、ときにはアグレッシブにシーンを映し出してくれるのだ。

例えばこれを後席モニターに映し、お気に入りのミュージックと織り交ぜてクルージングが楽しめたとしたなら、艶のある提案として受け入れるユーザーも増えたのではないかと推察する次第。

※ビデオに収めて You Tube などに投稿するのが流行ったりしてね。

今のところ[モビステ]X075 にしかつながらないのは非常に残念だったりするのだがどうだろう。


GO!NEXT→
 
←INDEX│アルパイン「BIGX」│ナビ男くん編集部によるスペシャルコンテンツへ(実走レビュー多数)

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ