カーナビ・地デジのことならカーナビのプロ ナビ男くんにおまかせ!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
   
 
    アルパイン リアビジョンナビ X08 ロードインプレッション1回目
 
  X08の誕生を境に、すべてがアルパインに帰結。これは救世主?
 
 

地道に対応車種を増やし、今やシェア99%を誇る「リアビジョン」。販路も拡がり、カーディラーからも声が掛かるようになった。ディーラーOPより安くて高性能だから。
写真拡大


テストカーはアルパイン所有のデモカー「ヴェルファイア」。いやはや車ごと借していただけるとはホントありがたい。
写真拡大
アルパインが仕掛けた天吊り型の後席モニター、名付けて「リアビジョン」。
ミニバンユーザーなら是非とも欲しい注目アイテムで、セールスは好調。おかげさまでナビ男くんでもよく売れてます。

そう、「リアビジョン」はよく売れる。失礼ながら表題の「リアビジョン“ナビ”」じゃなくて「リアビジョン」がよく売れるのだ。

つまり、前(ナビ)は他メーカー製を買い、後ろは「リアビジョン」というチョイスが人気を博したということ…。
前(ナビ)を他社に取られるとは情けない。

指をくわえたままではいられないので、柄にもなく安くしたり家族に媚びたりしたものの、その手に乗る方は少なかった…orz。


で、09年春。「X08プレミアム」の登場である。


するとどうであろう。ピタリと他社への流出が止まったのである。

前も後ろも「アルパイン」。それに留まらず、スピーカーも「アルパイン」。フロントカメラもバックカメラも「アルパイン」。まるでオセロのように全部ひっくりかえってしまった。

不景気とは思えない“まとめ買い現象”に、販売店は手を合わせるばかりだ。まさに救世主。

 
  今度はうるさいオールドファンも納得?アルパイン濃度高し。
 
 

発表会での第一種接近遭遇から気になって仕方なかった「X08プレミアム」。
アルパインらしさ満載の逸品であることはまず間違いない。
写真拡大
すべてをファイブ・ストライプス(/////ALPINE)へと向かわせる起爆剤となったのはいうまでもなく「X08プレミアム」。これをようやくドライブする機会が訪れた。


先にマッハ郷のレポートでも触れているとおり、もういちどプライドを奮い立たせ、リベンジを賭けてきたのが「X08プレミアム」。

他社がどうとか、お客がどうとか言う前に、まず、アルパインとしてどうかということを“不振”という滝に打たれながら自問してきたのだろう。

だからだろうか。 今度の「X08プレミアム」は、小うるさい(おいおい)オールドファンにとってもまごうことなきアルパインナビになっているように思えた。



GO!NEXT→

 
←INDEX│アルパイン「BIGX」│ナビ男くん編集部によるスペシャルコンテンツへ(実走レビュー多数)

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ