カーナビ・地デジのことならカーナビのプロ ナビ男くんにおまかせ!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
   
   HDD[サイバーナビ]AVIC-VH009 ロードインプレッション(その3)
 
   都会のアスファルトジャングルより無事生還するために必要なのは動的能力か?
 はたまた危機(渋滞)回避能力か?牙をむくポルシェとの壮絶バトル(リベンジ)。
 
 

あんぐり口を開けたエアダムがボンネット下に潜む怪物の存在を伺わせるポルシェカイエンターボ。アクセルを踏み込めば、巨体を感じさせない異次元の加速が体感できる。物理の法則を反故とするモンスター。


タン革で統一されたインテリアはスポーティーで且つエレガント。おとな4人がゆったりくつろげる、夢のようなポルシェ。本国から日本に渡るポルシェの6割はカイエンなんだそうな。今じゃポルシェもSUVメーカー(?)


操作性の見直しを受けたアクティブウイングを備える06イクリプスAVNハイエンド8806HD。4連奏マルチチェンジャーをこの中に備えた集積技術の結晶でもある。


カイエンとは遠縁の親戚筋にあたるVWポロ。あっちとは異なり、LOVE & PEACEなクルマ。体力より頭脳で勝負。頼んだぞHDD[サイバーナビ]。

前回、カロッツェリアHDD[サイバーナビ]に完敗した店長。今回は強い助っ人にお出ましいただくこととした。

240馬力のポルシェ987ボクスターでだめなら、ツインターボで武装したV8エンジンの最大出力はなんと450馬力!! つてをたどって借り出したカイエンターボで勝負を挑むのである。

HDD[サイバーナビ]を搭載したテストカーのVWポロの最高出力は75馬力(涙)。比すればなんと6倍もの強心臓。車両重量は2倍以上。その姿は現在によみがえったタイガー戦車(ポルシェ砲塔)のごとし。

ガハハハハ。動的能力においては完全に敵ではないと申して過言ではなかろう。

えっ!?燃費?…それは聞かないで…。

で、肝心の対戦ナビであるが、イクリプス06モデルのAVN8806HDをカイエンターボのコクピットに召還。渋滞予測データが収録され、巷では「道案内が上手くなった」と評判のナビである。

このカイエンターボ。オーディオもプレミアムで、専用チューンのBOSEシステムが標準装備…だったのだが、これのヘッドユニットを撤去し、スピーカー配線を引き直してイクリプスにつないでいます。

※標準のサブウーファーとセンタースピーカーはAVN8806HDに備わる5.1chに対応するため独立。

素性の良いスピーカーとイクリプスの組み合わせで奏でる音はなんとも絶品。室内の贅沢な内装とも相まって、戦場(?)とは思えないここは豪華サロンかと錯覚しそうな居心地の良さ。

ここから下界を見下ろしながらのカーナビラリーなのである。嗚呼、夢ならさめないで…。


さて、今回のコース設定は純粋な市街戦。ナビ男くん編集部から大阪市内のJR駅4個所を巡って、JR新大阪駅にGOALするというもの。
特別趣向を凝らしてはいないが、平日の昼間に“まるごし”(つまりナビなし)で市街をうろつくなど自殺行為に等しいことだから、最新ナビを使った“情報戦”には格好のステージなのであります。

きっと何かがおこる。

以下のページより、テスター2名の実況レポート。


GO!NEXT→
←BACK
     
←INDEX│ナビ男くん編集部 総力取材。カロッツェリア「サイバーナビ」関連情報満載のスペシャルコンテンツ

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ