カーナビ・地デジのことならカーナビのプロ ナビ男くんにおまかせ!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
   
 
    08カロッツェリア[サイバーナビ]発表会レポート。全4ページ
 
 

例年の豪華ラインナップと比べると整理統合され、メインは2種。
写真は最量販機となるであろうAVIC-ZH9000。地デジ内蔵モデルだ。
画像拡大


インダッシュモデルはMDモデルが廃止。 写真はAVIC-VH9000。こちらも地デジ付きモデルだ。
画像拡大


アンプレスのモニター+CD/DVDプレイヤーが新登場。ナビ本体のみのユニット、AVIC-H9000と組み合わせ、市販オーディオ・純正オーディオ装着車に搭載できるのだが、ミュージックサーバー機能・ビデオサーバー機能が使えないことや、地デジチューナーが別売といった条件のため、限られたユーザー向けのパッケージになるだろう。
画像拡大
いきなりですが、問題です。
カロッツェリアナビにあって、他メーカーのナビにない機能はなんでしょう?
ハイ、それはもちろん「スマートループ」。カロッツェリアの08年新型サイバーナビも、やはりこのスマートループが軸となる。

今さらではあるがスマートループとは、「カロッツェリア・カーナビユーザーの走行データを、みんなで利用しましょう」という仕組みのこと。

 
  ユーザーのフィードバックでデータがさらに強力に
 
 
ユーザーが走行した道の渋滞状況などがリアルタイムで配信され、VICSがカバーしていない道の情報まで把握できる。
また、蓄積された走行データは渋滞予測や地図精度の向上に役立てられる。
さらに名所やお店、駐車場の入口といった地点データまで、ユーザーから情報を得て、どんどん充実していくという、いいこと尽くめの機能なのである。

いわば、いま流行のユーザー参加型。ネタとしてはちょっと古いが「カーナビ2.0」が、スマートループなのだ。
「じゃあ、スマートループのついていないカーナビは『1.0』なのか?」と問われると、有り体にいえばそうですと答えざるを得ない、それほど違い際だつ機能なのである。

 
  使いやすく簡単に参加できるのがスマートループの美点
 
  カーナビメーカーの開発スタッフや地図会社の社員がしゃかりきになって走り回り、地図データを収集しても、万の単位で存在しているサイバーナビ&楽ナビユーザーの数のパワーにはそうそう太刀打ちできない。
おまけにリアルタイムの走行データなんて、他では提供のしようがない。

で、スマートループに参加しているユーザーは他ユーザーのために何か面倒な手続きをしなきゃなんないのかといえば、全然そんなことはなくて、携帯電話をつないでおけば後は普通に走っていればいいだけという、いとも簡単に情報のギブ&テイクができてしまう、ニクイ仕組みなのである。

 
 

リモコンは小さくなり、ステアリングに設置することも可能になった。楽ナビと似た形状だが、さすがに質感はこちらの方が高い。

画像拡大

他のメーカーが易々とはマネできない仕組み
 
 
しかもこのスマートループ、ユーザーを巻き込んだ大きな仕掛け――ちょっと大げさにいえば情報インフラとして成立しているので、他のメーカーが「アレいーなー」と思ったところで、おいそれとはマネできない。

また、ある程度ユーザー数が多くないと効果が出ないので、シェアの大きいカロッツェリア以外には、なかなか手を出しづらいという事情もある。

かくして、商品力に一層磨きのかかったカロッツェリアナビは、さらにシェアを伸ばし、スマートループはより強力になり、データもますます充実し(…以下続く)、という善循環。
そんなめいっぱい追い風ムードのなかで登場してきたのが、新しいサイバーナビなのである!(やっと本題へ)

GO!NEXT→

     
←INDEX│ナビ男くん編集部 総力取材。カロッツェリア「サイバーナビ」関連情報満載のスペシャルコンテンツ

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ