カーナビのことならカーナビのプロ ナビ男くんにおまかせ!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

NEW'S 20140522 www.naviokun.com

       

モデルチェンジのたびに、新機能・新提案・新サービスをどんどんどんどんどんどんどんどん投入し続けてきたのは、業界最高峰のカロッツェリア・サイバーナビ。

毎年「これでもか!」「これでもか!」「これでもか!」とばかりに、皆を驚かせ続けた結果、ライバルたちは視界の彼方へ消え失せ独走状態。もはや孤高の存在だ。

そしてついにサイバーナビ2014モデルが登場!!!今年はどんなことが飛び出すのかと期待したものの、あれれ?これといった新しい触れ込みがない。
これはむしろ触れ込みがないことをニュースにしたいほどの“珍事”。ついにサイバーナビもネタが尽きた!?


メーカー的には、ご覧のワイドモデルの投入が最大のトピックス。ネタが尽きたと書かれては、甚だ不本意だろう。

とはいえ、他社がよくやる、地図・地点データだけを最新に書き換え、「これが2014モデルでござい」というわけではないので、ご安心あれ。ハードウエアとソフトウエアの最適化がはかられ、“高速化”を果たした。これが、カロッツェリア・サイバーナビ2014モデル最大のトピックスなのである。



インダッシュタイプのVH0099にて5.1chを体感(試聴)。音がいいのもサイバーナビのセールスポイント。

カーナビというのは、道案内に必要な情報を収集し計算。最適ルートを導き出すのが主な仕事なのだけれども、カロッツェリア・サイバーナビの場合、新機能・新提案・新サービスを投入し続けた結果、他のナビよりも複雑な計算問題を解くことになった。

すると、バイトをこき使う牛丼店のように、いろんな弊害が出てくるのだ。

様々な事象を考慮して、導き出された回答は、素晴らしいドライブを約束するものではあるのだけれども、起動に時間が掛かったり、地図のスクロールが遅かったり、ルート探索に要す時間が異常に長かったり、道を間違えた時にとっさにリカバーできなかったりと、特にせっかちな人には使用上問題となるケースが多かったように思う。

メーカーもこのことは特に憂慮しており、都度改善がはかられてはきたのだけれども、さらにソフトウエアが進化するものだから、またまたハードウェアが追いつかないという状態が、歴代サイバーナビではデフォルトになっていた。

やることはスゴいけど…「サイバーナビは重い」あるいは、「サイバーナビは遅い」というのが、業界ではもっぱらのウワサだったのだ。



今年のモデルから採用された、地図をなぞるようなスクロール。スムーズな動作が確認できた。

そこにいくと今年のサイバーナビは早い。ケンウッド・彩速ナビと比べると遅いけど、当社比的には恐ろしく早い。

起動も速いし、なぞるように地図をスクロール(今年のモデルから可)させても、突っかからず意思に従い付いてくる。ルート探索もパッと回答が出る。これならシークタイムに寛容な、古来からのサイバーナビユーザーだけでなく、PCも、ネットも、スマホも、クラウドも、超高速が当たり前となった現代のユーザーでも、煩わしく感じることは少なそう。



AR HUDユニットも健在。往くべき道が車窓ごしに指し示される、超絶アイテムだ。

「ビッグデータだ!」「AR技術だ!」「クラウドだ!」と、突っ走ってきた結果、ライバルは遠く消え失せたが、ユーザーも置き去りになった感漂う最近のサイバーナビ。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」ともいう。

ここは、「進化」より「熟成」を採り、皆が追いつくのを待つのが最善の選択だといえよう。それでもライバルは追いつけない!?

2014年5月 店長レポート

まだ読み足りない人には13モデルのインプレッション。14モデル登場に準じて加筆修正版となっております。



       
     
←INDEX│ナビ男くん編集部 総力取材。カロッツェリア「サイバーナビ」関連情報満載のスペシャルコンテンツ

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ