カーナビ・地デジのことならカーナビのプロ ナビ男くんにおまかせ!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
   
 
 
 

助手席シート下に入れてみたがほぼ大丈夫。堅牢なアルミダイキャストボディなので、少しぐらい足があたっても問題なし。。


主にセリフなどを担うセンタースピーカー。テスト用なので配線が少し大胆なのはご愛敬。KSC-900CTRはコンパクトでダッシュボード付近の収まりがよい。ただ口径が小さいため、音質はそこそこ。


ミナミの帝王のテーマソングをBGMに…引き続きナビ機能の評価。

体験したら二度と戻れない、それがサラウンド。

もちろんウリは5.1chサラウンド。まずは見てください、聴いてください5.1chサラウンド。といってもネット販売の悲しさ、ナビ男くんでは皆様に体験していただくことはできないのでワタシが語るしかない祇園精舎の鐘の声。

「あんなちっちゃいモニターで映画なんて見てられっか!」とおっしゃるそこのオトーサン! いやワタシも実際そう思ってました。体験するまでは。

そりゃモニターが大きいに越したことはないけれど、音の広がりがあると、なぜかモニターの向こうの世界を不思議と感じられてしまうのだ。音は画像を救う。嗚呼、人間の想像力ってすばらしい!

音が前後左右グルグル動くっていうのも単純にスゴイといえばスゴイんだが、なんといっても包み込まれる音場感は普通のステレオとは別次元。絶対に帰ることのできない蜜の味。

モニターサイズに関わらず、思わず見入る!

もう絶対に見入ってしまう。いや魅入られる。ほしくなる。友だちを呼んで見せたら、次から次へとユーザーが増えるんじゃないかという、それぐらいの勢いもってます。

どうしてもデカイモニターがほしい!という方には、後席モニターへの展開も可能。例えばパナソニックには驚異の11インチモニター(通称ぬりかべ)も控えている。でかすぎてミニバンやワンボックス以外の方にはおすすめしないけど。

買わなきゃソンのこのバリュー。

正直にいえばモニターの質では、イクリプス9903HDの7インチVGAにはさすがに及ばない。しかし価格が違う。とはいえ、あっちもブラックモデルを出したりしてがんばっているから、5.1chサラウンド比較対象としてはがっぷり四つである。

楽ナビ、ストラーダDVといったエントリークラスDVDナビに安めの1DINメインユニットを加え、フィルムアンテナをつけたりしたら、たいていはHDV-810より高額になる。それを考えれば、DVDサラウンド可能なHDナビ、HDV-910/810はかなりお買い得といってよいだろう。

GO!NEXT→

←BACK
 
←INDEX│ケンウッド「彩速ナビ」│ナビ男くん編集部によるスペシャルコンテンツへ(実走レビュー多数)

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ