カーナビ・地デジのことならカーナビのプロ ナビ男くんにおまかせ!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
   
   ケンウッド HDV-990 /790 レポート 全4ページ(4ページ目)
 
 

こちらがかの音質マイスター、大熊龍彦氏。写真ではちょっと怖そうですが、ワタク シのトンチンカンな質問にも気さくに質問に答えてくださいました。でも、とてもえ らい方。


車内空間の広さやスピーカーサイズにあわせて、自動でサウンドをセッティングする機能も搭載。最近、こういうのが流行ですな。

本機もあの音質マイスターが全面的に関わった!
 
 
前モデルHDV-770は「音質マイスターがチューニングした、音のいいナビ」というのが一番のウリだったわけだが、今回のカタログを見たところ、マイスターの写真はまったく出てこない。

アレレどうしちゃったのかなと確認してみたところ、今回も音質マイスター、大熊龍彦氏の全面的なバックアップのもとに開発されたとのことで、ひと安心。

ナビ、ワンセグチューナー、オーディオをそれぞれ別シャーシとするセパレート構造など、音質で評価の高かったHDV-770の優れた点を受け継ぎつつ、さらに細かくパーツの見直しなどをおこなったという。

小川さんによれば「さらに音質が向上しました。具体的には中低域のパワー感が増しましたね」とのこと。

いやもうマイスターがチューニングしてるなら、今回も“音のいいナビ”に仕上がってることはまずまちがいないでしょう。

5.1ch対応ではないけれど、擬似的にサラウンド空間を創り出す「CS Automotive」もついてます。迫力あふれるDVD再生もこれでOK。
 
 

ケンウッド独自の、キーワードから検索する“スマートナビ”。はじめての人にも使 いやすい反面、ナビに慣れている人はかえって面食らうことも。あと、以前のモデル は名称検索のデータが少し少ない気がしたが、新モデルでは解消されているか??(画像拡大


なんにせよ、実機に触れてみないと確かな話はできぬ。走行テストに乞うご期待。

ナビ機能は前モデルのもちこし。ちょっと寂しい。
 
 
ナビ男くんなんだから、ナビ機能についても大いに語りたいところなのだが、満漢全席なAV系に比べ、ナビの方は前モデルからのブラッシュアップだそうな。

ケンウッド独自のキーワードから目的地をしぼり込んでいく“スマートナビ”スタイルはこれまで同様。細かなプログラムの見直しで、よりスムーズに動くようになったとか。

またキーカラーがグレー系になって、少し大人っぽく落ち着いた印象になった。

ルートの質等々については過去のテストを見ていただくとして、素性はよいナビなので、「ガンガン渋滞回避してくれなきゃおさまらん」というような方はともかく、普通に落ち着いて走りたいとか、観光やレジャーなどもっぱらプライベートで使うことが中心という人には特によいと思う。渋滞回避でちょこまかと道を変更するのとどちらが早く目的地に着くかなんて、意外にわからないもんだし。

ま、ナビに新機軸が見られず、ちょっと寂しいのも事実。ぜひ次モデルあたりでは、新しい仕掛けを何か見せてもらいたいものですね。
 
  音楽ソースはパソコンで管理される時代へ。
ひとつの“あるべき姿”を提示したケンウッド。
 
 
カーAV系のトピックだけが目立った本モデルなんだけれど。

今は車載の音楽メディアがとにかく多様化している時代で、決定打がないんですね。

30年前ならカセットテープでよかったし、20年ぐらい前からはCDかMD。ここ最近はDVDとか。ま、そのあたりが使えれば十分だったわけです。

今は内蔵HDDにCDから録音とか、iPodに代表される小型デジタルプレーヤーとか、いろいろあるけれど、これぞ!といえるものがなかった。

それに対し、このHDV-990/790は「パソコンを核に音楽データが管理される時代」という、ひとつの大きな流れを見据え、メディア(パッケージソフト)の形態にしばられず、自由に、簡単に、短時間に、好きな音楽を車にもっていこうという、カーライフの提案がなされているように感じました。

付け焼き刃的に手当たり次第いろんなメディアに対応したというわけではないのですね。

これに共感するユーザーは決して少なくないと思います。実際にiTunesをバリバリ使っているような人は、すばりターゲットでしょう。

ま、また詳しくは実機を触ってからということで。

2007年1月 マッハ郷レポート

←BACK
 
←INDEX│ケンウッド「彩速ナビ」│ナビ男くん編集部によるスペシャルコンテンツへ(実走レビュー多数)

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ