カーナビ・地デジのことならカーナビのプロ ナビ男くんにおまかせ!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法
   
 
 
 

大阪市街地を往くテスト中のHDX-710とカメオ。


最大5ルートを表示するルート探索結果はそれぞれ比較検討が容易な表示を採っている。


高架などへの案内の指示画面。自車位置を示す矢印も移動してタイミングを把握しやすい。


ビーコンVICSの表示。進路はひどい渋滞に阻まれています。さすがにこれは迂回の指示をナビが自ら下す。

ナビはどれも皆同じなんて思ってない?
 
 
DVDビデオが楽しめるDVDナビ。そのコンセプトがうけて、最近はこのタイプの需要の活性化が報じられる市販ナビマーケット。「これなら低予算でいろいろ付いてて嫁さんも説得しやすい。そして何よりカーシアターは子供が喜ぶ。今までむずがって長距離ドライブは控えてたけど、これなら安心。よし、我が家のカーナビはこれで決まり!」

なんて結論が出た人に引っ張られて何となくそっちに足が向いちゃってるって人、ちょっと待った!あなたにとっても彼が選んだそのDVD機が本当にピッタリなのかな?ナビはライフスタイルで選ぶ時代だ。
 
  売れてるナビが良いナビとは限らない。
 
 
心の隙間に付け込むサギ師みたいなイントロになっちゃいましたが、騙すつもりは毛頭ない。『何が必要で何がいらないものかしっかり見極めてナビ選びをしましょう。』ってご提案。

ビデオなんてクルマで見たくないって人もいるし、ハードがDVDじゃちょっと不満って人もいます。安普請には耐えられないプロダクトのクオリティーにこだわる人もいます。

じっくり思考を巡らせればDVDビデオが楽しめるDVDナビが全ての人の夢をかなえる救世主でないことは自ずと理解いただけると思います。

一番売れてるナビが良いナビとは言い切れません。だから闇雲にその列のうしろに並ぶのはやめましょう。「ナビはルートの質でっせ」。
 
  『HDX-710』っていう外しワザ。
 
 
「カーナビ屋のおやじにそこまで言われたくないわい」という気持ちもわかります。「だから一番高いの買えってか?」という薦めでもない。勢いで前振りがすっかり長くなったが、ただのケンウッドナビのロードインプレッション。

テストで方々走り回った結果、同じ予算の範囲で最新のHDD機『HDX-710』っていう外しワザ…イヤ、選択肢もあるよってハナシがしたいのだ。ちょっと聞いてやって。お願い。
 
  実践に即したいくつかのアレンジ
 
 
短命に終わった初代HDD機HDZ-2480iT以来、久々のケンウッドナビのテストだったのですが、わずか1年程の間にずいぶん良い方向に様変わりしていて少々驚きました。

私の記憶では、純正ナビのように木で鼻をくくった、良く言えば“まじめ”が取り柄だったケンウッドナビ。細街路や渋滞は苦手っていうのはもう過去のハナシ。実践に即したいくつかのアレンジが施されています。
 
  通信やボイスは捨ててもこれだけは捨てなかった理由
 
 
まず、最初に挙げたいのが渋滞回避機能。HDX-710はビーコンVICSユニットが標準装備ですから、渋滞を考慮して道筋を変える自動迂回機能が働く設定となっています。この機能が働く設定は腰の重いタイプで、「こりゃ道を変えんと絶対間に合わんで」って状況でないと働かない。通常は情報を受信しても「この程度はガマンガマン」ってジェントルな振る舞いを強いられるのだわ。

イクリプスのAVN9903HDやソニーNVX-Gシリーズもこの口。テスト期間中に数回しか働かんのを体験して「こりゃ、ビーコンVICSのオプションは無くても良いかも」とも思った。(なぜオプションなのかもわかった気もした)

他に習ってビーコンはオプションとすれば、売価もDVDビデオが楽しめるDVDナビに急接近。買い得感は増すはずだが、通信やボイスは捨ててもこれだけは捨てなかった。

その訳は隠し技のマニュアル渋滞迂回機能をフルに味わって欲しかったからだ。(きっと)

GO!NEXT→
 
←INDEX│ケンウッド「彩速ナビ」│ナビ男くん編集部によるスペシャルコンテンツへ(実走レビュー多数)

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ