ステアリングの舵角に合わせてバックカメラのガイド線がアーチを描く。「S連」発売。

こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

NEW'S 2015.04.01|2017.09.06 更新 www.naviokun.com

       
只のバックカメラが、高機能ステアリング連動カメラに変身!
それがコレ。ナビ男くんの「S連(エスレン)インターフェース」。
【実用新案登録取得済】
「S連インターフェース」楽天市場店にて販売中です。
「S連インターフェース」Yahoo!ショップでも販売中です。
NEW'S ガイド線の描くアーチがさらに高精度化。より便利になって新登場です。
新しくなったS連のポイント…奥に行くにつれ ガイド線がよじれていくような表示から、後退時の進路をより完璧(99.999%当社比)に表示させることができるようになりました。
バックカメラをもっと便利で使いやすく!
「S連(エスレン)インターフェース」は、今までのノウハウの集大成。

こと、バックカメラについては、一家言あるナビ男くん。

見栄え良く、機能的であることを旨とし、過去から現在まで切磋琢磨。いろいろ取り組んでまいりました。

最近では、バックカメラをボディー真ん中にに埋め込んで、左右均等画面表示を実現した「SOP」が大評判。それでは飽き足らず、車幅を正確に表示するために、専用の「測定マット」を制作。「SOP」と「測定マット」の相乗効果は、まさに社訓のとおり、"完璧実現"を実践するものでした。

カメラが真ん中に付くと、画面表示される映像が左右均等となり、感覚が非常につかみやすくなります。左右非対称だと、ひずみを脳みそで補正する必要があります。
ナビ男くんが制作した、測定用マット。この治具を使用して、バックカメラの車幅表示を正確に表示可能としました。「SOP」との併用で、まさに完璧。


そして、これでもまだ飽き足らず、さらにバックカメラを高機能化する新ソリューションを開発。

今度は、ステアリングの舵角に合わせてガイド線がアーチを描き、駐車スペースまでのエスコートを担うという超スペシャルなアイテム。

名付けて「ステアリング連動パーキングアシストシステム」。
略して「S連(エスレン)インターフェース」と申します。

バックカメラ装着時に、このユニットを組み込めば、どんなバックカメラも高機能ステアリング連動カメラに早変わり。
モチロン、画面がバックカメラに切り替わるのと同時にS連も自動表示されるので、めんどうな操作は一切なし。

後退時のクルマの動きは、特に掴みにくいものですが、これがあれば、大きな指針となるはずです。

既に装着済みの市販バックカメラや、純正のバックカメラに後からS連ユニットを装着することも可能です。

ハンドルの舵角に沿って、ガイド線がアーチを描き駐車をアシスト。新型は従来と比べて、精度が確実に向上。これは実践的な改良ポイントだ。

「S連」「SOP」「測定マット」の三拍子で、無敵のバックカメラが完成するのだ。

純正ナビにもSOPは対応。オリジナルキット・インターフェースで「S連」の実績はすでに多数。
ナビ男くんなら任せて安心です。


しかし、この「S連」。ハンドルに連動してガイド線がリニアに動き、方向を指し示すとは、自動車メーカーもかくやという高機能なのだけれども、ナビ男くんでは、既にBMW・MINI・VW等、ナビ男くんオリジナルキット及びインターフェースでは既に実現している機能で、好評を持って迎えられております。だから、施行実績は多数。

もちろん、車両側から舵角信号を解析し、正確にトレースしたラインが表示される仕組みだから安心です。現在は、ポルシェ アウディ VW BMW MINI Jeep ランドローバーに対応。

S連インターフェースの最初に戻る
       



こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ