カーナビ比較情報ならカーナビのプロナビ男くん!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

戦いすんで日が暮れて…。
ナビ男くん編集部が下すファイナルアンサー。

『楽』か…カロッツェリア「楽ナビ」AVIC-HRZ990。
『道』か…パナソニック「ストラーダ」CN-HW890D。
『X』か…アルパイン「ビッグX」VIE-X088。

この3機によるカーナビラリーによる比較テスト。
予定の3レースを終えた結果は以下のとおり。

 現在のランキング 一回戦 二回戦 三回戦 総合ポイント
 1位 Panasonic ストラーダ CN-HW890D 160pt 149pt 164pt 473pt
 2位 carrozzeria 楽ナビ AVIC-HRZ990 172pt 149pt 181pt 502pt
 1位 ALPINE ビッグX VIE-X088 153pt 161pt 195pt 509pt

緒戦ではアルパイン「ビッグX」の先行を許したものの、2戦目からは潜在力を発揮し、3戦目では独走。みごとな結果を残すに至った…

パナソニック「ストラーダ」 CN-HW890D

これを三つどもえ対決のウイナーといたします。

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ…

総合ポイントは473pt。

1ポイント=1分。獲得ポイントが少ない程、移動時間の短縮にナビが貢献したこととなる。

昨年実施された「N-1グランプリ」メモリーナビ対決においても弟分たる「ストラーダ」Sクラスが総合優勝を果たしていることから、これにてパナソニックは比較テスト二冠を達成したといえよう。

結果より推察するに、道案内の妙をカーナビに求めるとすれば、筆頭はパナソニック「ストラーダ」を推してまず間違いではなかろう。


パナソニック勝利の秘訣は、やはり「ストラーダチューン」なのだ。


勝因は多々あるが、新機能の“ストラーダチューン”が効力を発揮していたことも、そのひとつに挙げらるだろう。

ストラーダチューンとは、使い勝手を向上させるため、ナビを自分好みに合わせる機能の総称だが、その中に道案内の指針を可変するものが含まれている。
これにより、初期設定を基準に、ゲージの加減でナビはリニアに性格を変えていくことができるようになった。

急いでいるときや、混んでいるとき、のんびりいきたいときなど、気分やシーンに合わせて、多彩なルート案内を実現したことがその効能だ。

※ここで多くは語らないが、以前のインプレッションにて詳しく触れているので、ご関心があれば参照いただきたい。

だから比較テストでは、「急いでいる」ということが明確に伝わり、ナビはこれに応えたというわけ。


他のナビでも複数の候補ルートを同時に探すことはできるにはできるが、無論このような初歩的な機能とストラーダチューンは、一線を画すものである。
ニーズへのフィット感がぜんぜん違うのだ。

あいにく、比較テスト中にパナソニック「ストラーダ」の手綱をとる機会はなかったわけだが、してやられる立場であった分、彼我の差がよく見えたように思う。
計測結果を重ね合わせても一目瞭然。その変幻自在ぶりには目を見張るものがあった。

他のナビでは到達し得ない新境地にパナソニック「ストラーダ」は在るように思うといえば、やはり褒めすぎであろうか…。



『裏ナビ』をご覧いただくには簡単なアンケートにお答えいただく必要がございます。
アンケートはコチラからお願いいたします。
この続きは、お約束の『裏ナビ』で

レポートはまだ途中なのですが、ここでディープなハナシを続けるのもなんなので、まだ読み足らないという方のみ次のページにお進みください。

以下わたくし店長の「三つどもえ対決」総評『裏ナビ』となります。

お暇でしたらおつきあいくださいね。(アンケートに答えてGO!
コメント欄に、励ましのお言葉など賜れましたら幸いです。
もれなく拝読いたします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


それでは、次回の「N-1グランプリ」にご期待ください。
「楽」か「道」か「X」か…最初のページへ

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ