カーナビ比較情報ならカーナビのプロ ナビ男くん!

第1回戦(第2試合)セブンイレブン編
アルパイン[モビステ]VIE-X07B4 VS クラリオンMAX8700DT

デビュー当時はいろいろトラブルを起こしたものの、更生後は先輩たちを打ち破り、今やキングの座を狙う若手最有望株にまで成長した[モビステ]X07。
地獄の底から蘇ってきたこの「復讐の破壊王」に立ち向かうのは、小賢しい技を捨て、あくまでも正攻法で攻め続けるクラリオンMAX8700DT。
一見クラリオンが不利に見えるが、機能や情報量だけでは勝てぬのがN-1。渋滞が少なければ、回避行動はムダ足となる。
渋滞回避にアイデンティティを置くアルパインナビがプレッシャーに負け、自滅してしまえばクラリオンに勝機が見えてくる。



茨木駅前の渋滞名所へと突入させていく[モビステ]X07。どうにも通りたくない道なのだが、これを回避するには高速道路を使うしかない。今回はあえて一般道を選んだ[モビステ]だが、その結果や如何に。

アルパイン[モビステ]VIE-X07B4
ナビ男くん編集部 START 16:15

[モビステ]X07は基本的には高速道路の使い方がうまいナビである。過去のテストでもそれは実証されている。

しかし、今回のN-1ルールでは、高速道路利用料金¥100につき1分のハンディが課されるため、結果が伴わないのに有料走行の大盤振る舞いをおこなうと、自分の首を絞めることになる。

そのあたり、幾多の勝負を高速道路の使い方で勝利してきた[モビステ]X07には、不利に働きやすい新ルールなのだ。むしろ今回のルールを店長が導入した背景には、[モビステ]X07の活躍があり、ある意味露骨なモビステ潰しともいえるのである!!(断定)

だがま、ドライバーにコントロールできる余地があるわけではないので、愚痴をいっても仕方がない。ベストを尽くすのみ。

しかししかし、この最初のステージ、いきなり有料高速道路の入り口に鼻先をむけて突き進んでいったのは、意外にもクラリオンMAX8700DTなのであった。ナムアミダブツ。



有料道路を利用すると100円につき、1分のペナルティーが課せられる新ルールに基づき、550円を利用したこの区間では“5分”の加算。マッハ郷([モビステ]X07)より5分以上先にチェックポイントに着かねば、リードとはいえない。

クラリオンMAX8700DT
ナビ男くん編集部 START 16:15

目の前に“無料”自動車専用道が通っているにもかかわらず、あえて迂回し“有料高速道路”を用いるのはハッキリ言って「下策」なのだが、何故かこの「下策」を採るナビは多い。
過去のテストでも高速利用好きは指摘したが、ここはやはり「下策でいく」クラリオンMAX8700DTなのであった。

しかしながら、N-1グランプリのコース選定を行ったのはこのわたくし。高速利用組が極端に不利とならぬよう、チェックポイントの位置を入念にインターチェンジ寄りに変えてあるのだ。

高速を利用すれば、ジャンクション周辺の慢性渋滞およびVICS非カバーエリアの駅前渋滞をスルーできる。状況如何でクラリオンMAXの先着もありえるわけだ。

懸案の高速降り場の付近の混み具合もひどくない。これはひょっとするとひょっとするぞ。

 ~CP.1 セブンイレブン茨木竹橋町店まで 区間所要時間 区間走行距離 有料道路料金
 ALPINE X07B4 36 17.7km
 clarion MAX8700DT 31+5 22.1km 550

ルートマップもコチラで併せてご覧いただけます。




見よ!この迂回路を。クラリオンMAXは左手へ一直線のはず。さすが[モビステ]やるときゃやるぜ。担当ドライバーの私でさえやや不安になる大胆さだが、こうでなきゃおもしろくない。

アルパイン[モビステ]VIE-X07B4
セブンイレブン茨木竹橋町店 START 16:47

先行を許したが、ハンディを相殺すればほぼイーブン。ただ、個人的にはハンディを加味しない純粋なタイムでも勝ってほしい。渋滞回避機能フル装備の[モビステ]が、徒手空拳のクラリオンMAXにギリギリのハンディ勝ちでは寒すぎるというものだ。

クラリオンMAX8700DTが走る道はだいたいわかっているので、同じルートで追撃したところでタイムは縮まらないし、だいたいおもしろくない。

しかしアルパイン[モビステ]X07は期待に違わずやってくれました! 渋滞予測機能が働いていることはよくわかるものの、はっきりいってちょっと微妙な超迂回ルート。スムーズに走れることは間違いないが、距離が伸びるので、クラリオン次第では自滅への道。

いやだが渋滞予測とは確率の問題なのである。[モビステ]X07を信じて突き進むのみ。



特に書き立てることは起こらなかったこの区間。ただただ府道を直進するのみ。

クラリオンMAX8700DT
セブンイレブン茨木竹橋町店 START 16:52

最初のチェックポイントにはクラリオンMAX8700DTが先着(?)。マッハ郷([モビステ]X07)の姿はない。

楽観は許されないが、高速使ったペナルティー5分を加味してもマッハ郷([モビステ]X07)にちょっと勝ってる(かも?)。さあさあ、さらにリードを拡げるべく、次のチェックポイントを目指そう。

前日の第1試合のときより少しましな駅前渋滞を抜け、同じく前日よりも混み具合緩やかな府道をまっすぐ南下。決してスムーズに流れているわけではないのだが、この程度なら迂回のリスクを冒すよりこのままが最善なのかも知れず。

クラリオンMAXは黙して語らず。

 ~CP.2 セブンイレブン吹田元町店まで 区間所要時間 区間走行距離 有料道路料金
 ALPINE X07B4 44 13.7km
 clarion MAX8700DT 44 10.1km

ルートマップもコチラで併せてご覧いただけます。




このステージにおける唯一そして最大の難所、1号線へのアプローチ。ここさえ切り抜ければ、後は比較的スムーズになる。

アルパイン[モビステ]VIE-X07B4
セブンイレブン吹田元町店 START 17:30

迂回して爆走したが、クラリオンMAX8700DTもほぼ同タイムだったようだ。最初のステージでの差は縮まらないまま。でも負け惜しみでなく、これでいいのだ!

漫然と渋滞にならび続けるよりも、気持ちよく走って同タイムならそのほうがいい。繰り返すが渋滞予測は確率の問題。今回はクラリオンMAX8700DTの道があまり混んでいなかったということなのだろう。自滅しなかっただけでも十分。

さて、第三ステージは「破壊王」といえどルート選択の余地がもっとも少ないエリア。ここはおとなしく最短距離でチェックポイントへと向かっていくのであった。



今日は渋滞らしい渋滞にまだ出会っておりません。クラリオンMAXが偉いというより、道が空いているのだ。テスト日和とは言えませんな。

クラリオンMAX8700DT
セブンイレブン吹田元町店 START 17:38

府道では大きく時間をロスするような渋滞にはついにめぐり合わず無事CP.2に到着。

流れに身を任せ、自己主張は程々のセッティングであることは存じておりましたが、今のところこの性格が功奏しチャンプ[モビステ]X07と伍しております。クラリオンMAXもなかなかやるじゃないか。

次のCP.3は川を越えて大阪市街地にダイブ。淀川に掛かる橋のうち、どれを選ぶか思案どころだが、クラリオンMAXが選ぶはもちろん通行料を徴収される橋。ホント有料道路が大好きなのね。

まあ、通行料は100円なので目くじら立ててもしょうがない。ペナルティー1分以上の成果が出れば良いのだ。橋を渡った途端の交差点渋滞もこのルートが最も軽いような気もするし…。

しかしながら、抜け道は案内対象となっていないクラリオンMAX。橋を渡ったら早々に国道へ合流。おいおい。これだと100円払って近道したことにならないぞ。

 ~CP.3 セブンイレブン大阪鴫野西5丁目店まで 区間所要時間 区間走行距離 有料道路料金
 ALPINE X07B4 31 9.7km
 clarion MAX8700DT 31+1 9.3km 100

ルートマップもコチラで併せてご覧いただけます。

★N-1グランプリ INDEX(最初のページ)
←BACK 第1回戦最初のページへ

GO!NEXT→→→→→→


お取り扱い商品・カーナビご商談窓口][オリジナルキット&カーナビ施工写真][ナビ男くんこだわりのサービス
カーナビ比較テスト・取材報告][会社概要・求人のご案内

Go! naviokun index 総合案内へ戻る