カーナビ比較情報ならカーナビのプロナビ男くん!
こだわりWebショップカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要

第1回戦(第3試合)セブンイレブン編
パナソニック[ストラーダ]F クラス VS サンヨー デカゴリラ HD871DT

地デジに命をかけるパナソニックが送り出してきたスーパーウェポン、[ストラーダ]Fクラスは、4チューナー×4アンテナ装備でテレビ感度は抜群なれど、ナビの基本仕様は前モデルからのキャリーオーバー。ジキルとハイドの如く、ふとしたきっかけで暴走するキャラクターが、これまでも数々のドラマを生み出してきたが、今回の勝負ではそれが吉と出るか凶と出るか。
一方、ゴリラは渋滞情報のVICSビーコンはおろか、ジャイロユニット(自車位置測定用オプション)もなく、測位はGPSのみという極端なハンディキャップマッチ。
パナソニックにとっては絶対に負けられない、プレッシャーのかかる一番。



チェックポイントは目前のはずだが、なんかぐるぐる迂回しているような気が…。もちろんナビの案内にしたがっているのですが…道に迷ったか?

パナソニック[ストラーダ]F クラス CN-HDS965TD
ナビ男くん編集部 START 16:15

まあ、相手はポータブルナビ。かろうじてVICS情報はキャッチできるようだが、これを実践に活かせる機能は付いてない。
力の差は歴然。[ストラーダ]FクラスのN-1グランプリ第2回戦進出は約束されたようなものである。

スタート前に引かれたルートは順当に“無料”自動車専用道を往く最短コースだったのだが、スタート直前に渋滞を考慮し迂回ルートに進路変更。お金払って“高速道路”を利用することとなった。

で、高速おりばまではマッハ郷(ゴリラ)といっしょ。そこからは巧みに抜け道らしき道を使い、まっすぐ国道を辿る対戦相手と袂を分けた。

そういえば[ストラーダ]シリーズは入り組んだ場所を目的地とした場合、妙に迂回することがあったな…。今回は大丈夫なのだろうか?



写真では混んでいるように見えるが、高速道路から出た後も意外とスムーズ。ゴリラを使っての勝負ははじめてだが、けっこうイケルかも…。

サンヨー デカゴリラ NV-HD871DT
ナビ男くん編集部 START 16:15

渋滞情報はFM-VICSのみ、測位はGPSのみという、シンプルな構成のゴリラ。負けてもいいわけができるし、勝ったりしたらもう大変。担当ドライバーとしてはプレッシャーはないし、気楽なもんですハハハ。んじゃま、行きますかね。

走行中のルート変更はないので、ナビが最初に引いた道をひたすらトレースするのみ。上方に障害物があると自車位置がかなり危なっかしくなるが、それさえ気をつけていれば無問題。

というか、もうチェックポイント目前なんだけど、まだ店長からのコールはないゾ?
オイオイ、初手からパナソニックは暴走かよ!

 ~CP.1 セブンイレブン茨木竹橋町店まで 区間所要時間 区間走行距離 有料道路料金
 Panasonic CN-HDS965TD 41+5 22.5km 550
 SANYO NV-HD871DT 34+5 22.4km 550

ルートマップもコチラで併せてご覧いただけます。




府道直進にルート変更の結果はご覧の通り。どこまで続くか見通せない渋滞の魔の手に掛かることとなった。これさえ避けて通っていれば、楽な勝負ができたはずだ。あえていばらの道を往く心理は定かでない。

パナソニック[ストラーダ]F クラス CN-HDS965TD
セブンイレブン茨木竹橋町店 START 16:56

抜け道を使うという発想は良かったのだが、幹線を外れてからが迷走気味。CP.1に辿り着いた頃にはマッハ郷(ゴリラ)は旅だったあとで姿さえなかった。

まあ、これしきのことは余裕。駅前のロータリーを無意味に1周させられたのも(きっと)余裕。駅前渋滞を脱出し、ようやく追撃態勢をととのえたのであった。

ここからは府道を南下することになるのだが、[ストラーダ]Fクラスはもちろんこの先の渋滞のことを察しており、ちゃんと回避することになっています。

しかし!

またまた渋滞をキャッチしての自動再探索の結果は、府道をそのまま直進に変更。回避ルートは直前で取り止めとなった。

先日、クラリオンは難なく通り抜けに成功したので、今日も混み具合は散漫ということであろうか?



ややこしい迂回をおこなったりはしない。ただひたすらまっすぐに。それがゴリラのスタイル。ドライバーは楽。

サンヨー デカゴリラ NV-HD871DT
セブンイレブン茨木竹橋町店 START 16:49

あらま、なんか先行しちゃったみたい。あっはっは、店長あせってるやろな~。

どーでもいいけど。

などと考えていると、前から店長の乗ったアルファロメオがやってきた。意地悪な笑みがこぼれるぞウプププ。

さてゴリラ。ルートについては、特に何もいうことはなくて、混んでりゃ並ぶし、空いていれば走る。それだけ。

少々迂回になっても、強引に広い幹線道路へ誘導する傾向は強い。ハイブリッドナビに比べるとどうしても測位精度が落ちるので、このあたりは賢明な仕様といっていいと思う。

測位がずれてるのに、込み入った道に案内されたりしたらかなわんかんね。

 ~CP.2 セブンイレブン吹田元町店まで 区間所要時間 区間走行距離 有料道路料金
 Panasonic CN-HDS965TD 42 10.3km
 SANYO NV-HD871DT 44 12.9km

ルートマップもコチラで併せてご覧いただけます。




100円払って橋を渡る。1分の加算となるが、より大きな成果を得られるチャンス。ここで相手に追いつき抜き去りたいところだ。

パナソニック[ストラーダ]F クラス CN-HDS965TD
セブンイレブン吹田元町店 START 17:38

おせっかいな進路変更で、マッハ郷(ゴリラ)を抜き去る千載一遇のチャンスを逃した[ストラーダ]Fクラス。おまけに渋滞にも並ばされてイライラが募る。

唯一の救いは、マッハ郷(ゴリラ)との時間差をかなり詰められたこと。こうやって、じわじわと絞め殺す作戦なのだろうか?[ストラーダ]Fクラスよ。

お次のCP.3までは、第1試合のカロッツェリア[サイバーナビ]とまったく同じ。通行料100円の有料橋を渡り、抜け道をからめて時短するルート。

渋滞にも遭遇せず、ここにきてようやく本領発揮と相成った。



右の有料橋か、左の無料ルートか。ゴリラは左へ案内。この選択が勝負の最後まで大きく影響することになる。

サンヨー デカゴリラ NV-HD871DT
セブンイレブン吹田元町店 START 17:33

少しずつ間をつめられている展開。さすがにパナソニック[ストラーダ]Fクラス、ようやくハイエンドナビの本領発揮か。このステージは、抜け道気味の有料橋を使うかどうかの違いぐらいしかない。

シンプルなルート構成が身上のゴリラゆえ、そんなややこしい組み立てを考えるはずもなく、一級国道のみで次のチェックポイントへと向かっていく。

CP.2までは5分程度の先行。このステージでそう簡単にこの差をひっくり返されることはないだろう。

 ~CP.3 セブンイレブン大阪鴫野西5丁目店まで 区間所要時間 区間走行距離 有料道路料金
 Panasonic CN-HDS965TD 25+1 9.3km 100
 SANYO NV-HD871DT 35 10.2km

ルートマップもコチラで併せてご覧いただけます。

★N-1グランプリ INDEX(最初のページ)
←BACK 
第1回戦最初のページへ


GO!NEXT→→→→→→


こだわりWebショップ
カーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ