カーナビ比較情報ならカーナビのプロナビ男くん!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

ルートや地図精度はイクリプスAVNの上位機種を継承。


渋滞を先読みして見事に別ルートへ…というような気の利いた機能はついていない。
渋滞に遭遇したらひたすら並ぶか、地図上の情報をチェックして自力で回避すべし。

道案内をさせてみたところ、ベースはイクリプスのAVNシリーズとほぼ共通という印象。
地図も、正確さに定評のあるトヨタマップマスター系と思われる。

しかし、FM-VICSによる渋滞表示はあるものの、それを考慮したルートにはならないので、選択される道は、その他のAVNとはけっこう違うようだ。

また、VICSビーコンユニットはオプションでも用意されていないので、走行中に自動で渋滞回避ルートを引くといった芸当はできない。

もちろん、FM-VICSの渋滞情報を読んで、ドライバー自身が渋滞を回避していくということは可能である。

元のルートをはずれたときのリルートも速いので、ドライバー自身が安心して新しいルートを開拓していくことはできるだろう。


グラフィックの表示速度など、ハイエンドにおよばない点も。


なぜか突然、地図上からルート表示が消失! どう進めばいいかわからなくなってしまうの図。
デモ機固有の現象とは思うが、このあたりはちゃんと直っていることを祈る。


最近のモデルはワンセグ表示もかなり美しくなった。車内用としてはこれで十分と思えるぐらい。

その一方、“価格なり”かなと思わせるのはグラフィック系の計算の遅さで、車が方向を変えたときの地図の回転や、スクロールなどがスムーズにいかないケースが何度か発生した。

実用に差し障りがあるというほどではないが、他のイクリプス機と比べるとその差は目につく。

また、お貸しいただいたデモ機固有の現象かもしれないが、地図スケールの拡大・縮小がスムーズにいかないケースもあった。こちらについては、販売される商品では発生しないかもしれないので、参考までに。

細かいことではあるが、タッチパネルの設定がかなりシビアで、ボタンを押したつもりが、押せていなかったり、画面がスクロールしたりといったことも多かった。
オーディオの操作は走行中もおこなうので、もう少し余裕をもった設定になっているとありがたい。

とはいえ、なんだかんだと細かいことは吹き飛ばしてしまうこの価格。

ナビはほしいものの、予算の面で「仕方なく」PNDを検討しているという方なら、性能十分な上、なんといってもすっきりキレイに装着できる「AVN Lite」を選択肢として検討してみてはいかがだろうか。

2008年11月 マッハ郷レポート

←BACK

打倒 PND 特集 TOPに戻る

関連リンク…シンプルでもナビは本物。AVNライト登場。



こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ