カーナビ比較情報ならカーナビのプロナビ男くん!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

走り出せばそれまでの諸々はあまり気にならない。


道案内はスムーズ。ルートも幹線中心といえばそれまでだが、至極まっとう。道のデータ量も一般的なナビよりも少ないので、幹線中心の案内の方が安心できる。


自車位置の測位はGPS(人工衛星)のみなので、高架下やトンネルなどの電波の届かない場所は苦手。自車位置のマーカーが動かなくなってしまうことも。


3Dマップなどを見慣れた目にはシンプルすぎるほどだが、道案内にはこれで十分。ただし、あまり細かい道路までは描き込まれていない。


ある意味、DrivTrax の最大の魅力といえるかもしれないバイクへの設置。使いやすい専用のマウントキットも発売されていてジャストフィット。

走り出してしまえば、意外に快適。モニターが小さいこともさほど気にならない。

測位もビル街や高架の下などでない限り、おおむね良好だ。

交差点拡大図が表示されるタイミングもよく、デザインも見やすいため、道案内でのストレスはほとんどない。

一方で少し気になったのは、リルートの遅さ。

GPS のみで測位しているためか、マップマッチング(道路上に自車位置をあわせる機能)がかなり強め。
このため、案内ルートを離れても、かなり先に進まないと新しいルートを引きなおしてくれない。

GPS だけで測位しているナビの宿命といえばそれまでだが、常に案内どおりに走れるわけではないので、知らない場所でルートを間違うと不安になりそうだ。

…いや、割り切ろう割り切ろう。


オーソドックスで不満のない仕様だが、
やはりライトユーザー向け。

DrivTrax が「買い」かどうかについていえば、結局は使い手の割り切り次第ではないかと思う。

今まで高機能ナビを使っていたような方が、同じレベルを期待してしまうとガッカリ度大。

ナビを使うことで新しいドライブの可能性を感じさせてくれるような、華やぎ、おもしろみにも欠けるなぁ。

だが、あくまでもライトユーザーのためのモデル、補助的に道案内をしてくれる「道具」と考えれば、これもアリというところか。

東京や大阪の都心部でガンガン使ったり、テレビや雑誌で見つけた店にふらりと寄ってみたりといった目的には適さないが、たまのレジャーに使う程度であれば問題ナシ。


インターフェイスには消化し切れていない部分も。

とはいいつつ、正直なところ造りこみの粗さも目立つ。

インターフェイスに、パソコンライクな表現が残っていたり( OS は Win CE )、ボタンが不足していて、妙に手数の多い操作を強いられたりといった部分が少なくない。

このあたりは、悪い意味での「 PND らしさ」を引きずっている。
むしろこういった部分にこそ、ナビメーカーのノウハウを発揮してもらいたいところ。

実はメーカーサイドもそのあたりはわかっているようで、すでにソフトウェアのバージョンアップもおこなわれている。
今後もある程度は進化していくのではないだろうか。
いい意味でも悪い意味でも発展途上感のあるモデルと感じた。

まだ日本のナビメーカーには、PND というコンセプトが消化しきれていないのかもしれぬ…。

2008年2月 マッハ郷レポート

←BACK

PND 特集 TOPに戻る

関連リンク…クラリオン DrivTrax P5 オフィシャルサイト



こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ