カーナビ比較情報ならカーナビのプロナビ男くん!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

AV系の素性の良さには驚いた!


大きなロータリーボリュームはやはり使いやすい。また、ジョイスティックやプッシュボタンのような動きもでき、これだけでAV系はおおむね操作可能。筐体の左側についているのは、輸出を意識?(憶測)
しかし、ナビよりも驚いたのが、AV機としての素性と機能である。
テスト車に乗り込んですぐに気づいたのだが、ズバリ音がいい。

ノイズの固まりのようなHDDを積んでいないことも影響しているのだと思うが、クリアで量感のあるサウンドは「これが入門機?」と思ったほど。

より高額な他メーカーのAV一体型ナビと比べても、勝るとも劣らず。カーAVトップブランドの面目躍如というところだろう。

実際のところ、50W×4chのPower MOS FET採用に加え、パラメトリックイコライザーやサブウーファー出力など、こだわりをもつユーザー層も満足できる仕様になっており、「入門機といえど音には手を抜かない」というパイオニアの本気度が伝わってくる。


再生できるメディアの種類でも群を抜く。


SDカードに保存した音楽データや動画データを、そのまま再生することが可能。対応ファイル形式がとにかく幅広いので、いちいち書き換えたりする必要がほとんどないのはありがたい。
しかも、再生可能なメディアフォーマットが、これまた多い。

CDやDVDは当然のこととして、USBメディアとSDカードの両方を標準でサポート。データ形式はWMA/MP3/AAC/WAVとなんでもござれ。

また、DVD-R/RWならVRフォーマットにも対応しているので、家庭のDVDレコーダーで録画した地デジの番組も再生できるのだ。

フロントにはAV対応の外部入力用ミニジャックを装備しており、携帯プレーヤーやビデオカメラなどが簡単に接続可能。

さらに、別売ケーブルが必要だが、iPodの接続もできる。

地デジは標準ではワンセグのみだが、パイオニアの12セグ地デジチューナーを接続することもできる。

これ以上何を望む?というほどの内容なのである。


もちろん、すべてが100点というわけではない。


なぜか指でのタッチには反応が鈍い。スタイラスペンが付いているのだが、冗談としか思えない。こんなの車内で使ってたら、すぐになくすっての!
このように隙なく完成度の高い楽ナビLiteなのではあるが、気になった点も少々。

まず、タッチパネルの反応が今ひとつ。

AV系の操作についてはまったく問題ないのだが、ナビとしての使用時、目的地の名称入力などでは如実に反応が悪くなる。

地図のスケール変更やスクロールなど、CPUパワーが必要とされるシーンでは、描画が追いつかなくなることもしばしば。

このあたりは、コストダウンの影響がもろに出ているところだろう。

また、交差点での案内が地図の拡大と矢印のみなので、今の最先端ナビの親切表示に慣れた身には、少々心許ない。

細かく分岐が続くような道では、案内自体が出ないこともあるので、都心部でヘビーな使い方をする方には、あまり向いていないかもしれない。


楽ナビ”ブランドだがAV重視の方にもオススメ。


交差点の案内は矢印表示。贅沢はいえないが、分岐が連続するような都心部の道路では、ちと苦しい。


低価格モデルといってもちゃーんとバックカメラにも対応。もちろんバックギアと連動して、画面は自動で切り替わる。こういうところは、まったくぬかりなし。
とはいえ、これはあくまでもハイエンドナビと比較しての話。
ライトユーザーなら十分以上の性能なのである。

むしろAV系の充実を考えれば、かなりのお買い得モデルといって間違いない。
ナビはそこそこでもいいから、低価格で優れたAVユニットがほしいという方にもオススメ。

妥協すべきところは妥協し、ここぞというポイントにはかなりの力が注がれている。バランスよく、かつ尖った部分も備えた魅力的なモデルといえるだろう。

アンダー10万円クラス大本命の座は、当分揺るぎそうもない。

 

2009年1月 マッハ郷レポート

不定期連載の「打倒PND」。最終回はモチロン『裏ナビ』。
マッハ郷のファイナルアンサーは如何に!?


←BACK

打倒 PND 特集 TOPに戻る

関連リンク…このナビに関するお問い合わせページ



こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ