カーナビ比較情報ならカーナビのプロナビ男くん!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法


オプションでVICSビーコンユニットも選べるなど、拡張性の高さも魅力。このあたり“Lite系”2モデルとの違いではある。
走行中、ワタクシが特に気に入ったのは音声案内。レーン取りなどを早め早めに音声で知らせてくれるので、まったく知らない道でも楽な気持ちで走れる。タイミングも絶妙なので、かえって煩わしいということもない。

ナビを道案内道具として考えれば、これで十分と思わせてくれる基本性能の高さなのである。低価格だからといって、ナビ性能にはまったく妥協されていない。

そのなかで、「楽ナビLite」などのライバルと比較してみると、「これでなければ!」という華のなさが弱点か。

エントリーモデルにそこまで求めるのは酷なのだが、既存ナビのイメージを受け継いでいるが故に、新カテゴリーを打ち出しているLite軍団よりも、むしろ印象が薄くなってしまうというパラドックス。


意外にナビを知り尽くした玄人好みかも。


CD録音機能はあるがDVD再生はできないNX208。DVDビデオがほしいという方は、ひとつ上のNX308を。こちらもかなりお買い得なモデル。


忘れちゃいけないワンセグ搭載。AVナビならワンセグの音声も、車のスピーカーからクリアに出力できるのがうれしい。

いやしかし、ワンセグだって映るし、500曲とはいえCDから録音できるミュージックキャッチャー機能もついている。渋滞情報を考慮したルート探索もできる。
かなりの実力派なのだ。

現在の実勢価格を考えると、かなりのお買い得モデルであることはまちがいない。

また、価格帯故にPNDとの比較ターゲットと目される場合もあるようだが、なんのなんの。実力の次元はまったく違う。

誰にとっても使いやすいモデルであることはもちろんであるが、むしろナビをよく知った上で、シンプルな機能で十分と考えているユーザーも、十分納得できるモデルといっていいと思う。

「弱点は華のなさ」などと書いたが、よけいな遊びの機能はいらないという方なら、むしろ美点と感じてもらえるだろう。
正直、低価格モデルとしては久々に「これなら買ってもいい」と思わせてくれた。

2008年12月 マッハ郷レポート

←BACK

打倒 PND 特集 TOPに戻る

関連リンク…HDDナビは時代遅れ?市販初のSDD搭載「スムーナビ」発進!



こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ