カーナビ比較情報ならカーナビのプロナビ男くん!
こだわりWebショップ純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

地震にタイ洪水と、大災害に翻弄された2011年。
ナビ男くん編集部でもなかなか思うような活動ができず、比較テストはお預けで1年が過ぎました。

で、「今年はいい年にしたいよね」ってことで、やっぱりやらなきゃならないのが年末年始の恒例行事。
ナビ男くんの場合、[ カロッツェリア ]と[ パナソニック ]のマッチレースなのであります。

年末年始というには、ちょっと時期がずれてしまったが、いろいろあったんだからしょうがない。とにもかくにもこの二機は、我々の勝手な都合で戦う運命なのであった。

かたや、[ 楽ナビ ]に変わり、比較テストの壇上に登るのは、「未来解禁」を合い言葉に、カーナビの“”を理想を追求するカロッツェリア[ サイバーナビ ]AVIC-VH09CS。 クルーズスカウターユニット搭載のいわゆる「カーナビに目玉が付いた」モデルだ。
プローブカー構想に基づいた渋滞情報「スマートループ」も他社ナビに対する大きなアドバンテージ。

とにかくスペックで比べたら、これに並び立つ者は存在しないというスゴイナビ。ハイエンドの中のハイエンドモデルなのである。

こなた、昨年の三つどもえ対決では[ 楽ナビ ][ビッグX ]を蹴散らし、圧倒的な強さを見せたチャンピオンマシーンの正当な後継者=パナソニック[ ストラーダ ]CN-H500D。
ユーザーの好みに合わせて、ナビの性格がリニアに変貌する新機能、「ストラーダチューン」の威力は絶大で、こと道案内にかけては、こいつの右に出る者はいないであろうと私に言わしめた、“”の実力の持ち主。

スマホのように「なぞったり」「はらったり」の新感覚インターフェースの「モーションコントロール」も話題だ。

はてさて、2012年1月某日。三日間にわたり繰り広げられた、趣向を凝らしたナビラリー三本勝負の行方は如何に。


 競技ルールについて              エントリーリスト


「夢」か「誠」か…看板モデル2機によるカーナビラリー頂上対決 プログラム

渋滞名所付近に点在するコンビニがチェックポイント。
並ぶかかわすか、ナビの性格が勝敗の分かれ目。

地域に密着。路地裏の小さなコンビニがチェックポイント。
なぎ倒された放置自転車が行く手を阻む。しかも付近は渋滞名所。

混み始める時間帯を見計らい、都市中心部にダイブ。
縦横に駆けめぐり、最速を競う。

戦いすんで日が暮れて…。
ナビ男くん編集部が下すファイナルアンサー。
 

こだわりWebショップ
純正ナビ男くんカーナビ高価買取 オリジナルキット・施工写真 仕事も趣味もカーナビ 会社概要ご購入方法

カーナビ専門店ナビ男くんTOPへ